Windows10のエッジは高速軽快なブラウザ

エッジを使った感想

Windows10に変更するにあたって、windows10から新規導入されている新ブラウザのエッジ(Microsoft Edge)って使いやすいの?激的に変るもの?と気になるかたもおられると思います。
ここではエッジを使用した感想などを綴りたいと思います。
まず一番気になる快適か?そうでないか?ということであれば、快適になっていると思います。
ブラウザで一番大切なことってなんでしょうか?・・・・一番は見たい情報が素早く表示されるかどうか?だと思います、こちらが劇的!とまではいきませんが素早くなっております。
また、まだ出て間もないブラウザなので、拡張機能とかそういったものも少ないです、少ないからこそ、余計なものが処理されずに素早く表示され負荷も少ないです。
そして、様々な機能が追加されております、一番の追加点は、WEBページにそのまま落書きといってはおかしいですが、メモ書きができる機能です。
重要な情報や、このHPのココが重要だな、ココを後で見たいってところに、マーカーや印、またト書きなどを付け加えられます。
ただ、この機能注意しなければならないのが、機能を起動する時点で開いているWEBページを画像キャプチャしているので、もしクリックすることで文章の続きが出るサイトでしたら予めクリックしておかないといけませんので、そこは忘れてはいけません。
これがあれば、急なインスピレーションでブックマークはしたけど、どこを読み解きたかったかな?とかこの部分を参考にしたかったんだよね、というのが一目瞭然なのがありがたいです。
また、その他の機能についても、お気に入りはIEからインポートできたり、しますし、あくまで記事を読むことに集中したいので広告表示や背景画像、フッターやサイドバーの表示を制限する機能である読み取りビュー機能なんていうのもあります。
タブの追加、戻る、進む、検索サイトの変更(初期はBing)などなど標準的な機能も充実しているので使いやすいです。
ただ、まだクロームやファイアフォックスをカスタマイズしまくっているような人には物足りないかもしれませんが、今後機能拡張されることを考えたら今から慣れておき、だんだんと自分好みにしていくのも楽しいブラウザだと感じました。

Windows10の価格が変るけど、内容は何か変るの?

20015年11月6日にWindows10 homeパッケージ版とダウンロード版の値段が改定いたします、。
値段が変るってことは、何か機能が追加されたの?ということが疑問になるわけですが
Windowsblogでは『動的に変化する市場において、お客様に提供される価値と価格のバランスを考慮しながら・・・』と書かれており、どうやら機能が追加されたとかそういうものではないようです。
Windows10にはHome版とPro版がありますが、今回価格改定がされるのはHome版のみです。
現在税込み¥14,904だったものが11月6日からは税込み¥19,008まで値上がりします、Windows10を新規に導入しようと思ってたら結構大変なことですね。
この価格改定の裏には、パソコンパーツと一緒に買うとついてくるDSP( Delivery Service Partner)版の方が価格が高いという状況になっていて、もしかしたらこちらを加味して価格が高価になったのかもしれません。
なんにしてもWindows10の導入を新規に考えていた人には寝耳に水のような状況です。
すでにWindows7や8や8.1を所持している人は、windows10より発売から一年経過する2016年7月28日まで、無償アップグレードがうけられるので、あまりこちらの話題は関係ないのかもしれません。
ただ、もう一台パソコンを購入しよう、そこでWindows10を新規に購入と考えている人には、ちょっと購入時期を早めなければならない情報だと思えます。ゲーム用PC情報サイト「e-ゲーミングPC」によるとWindows10よりもWindows7のほうがおすすめだそうです。Windows7搭載PCにしてあとからWindows10にアップグレードしたほうが自分で選択できるメリットがあります。
4000円近くあればメモリーカードやちょっとしたものが購入できてしまいますので、気をつけたいところですね。